FC2ブログ
2014/09/11

8月23日 Bクラスのおさらい

みなさまこんにちは。

今日は、前回8月23日(土)のBクラスを振り返ってみたいと思います。

前回のBクラスの課題は『箱球』
実は講師の鈴木プロ、どちらかというと箱球が得意ではなかったため、箱球をすごく研究されたそうです。

で、Bクラスは前々回から箱球を課題にして取り組んでいるのですが、勘違いや、初めて知ることのオンパレードです。
毎回、課題に四苦八苦しながら、今までの勘違いを正したり、球の動きやスピードに対する勘を磨いています。

さて、そんな課題の中からひとつ。
  0823 Bクラスおさらい

的球がクッションから中途半端に浮いていますが、右から取るか左から取るか、いずれにしても箱球かな?という配置です。
では、右からと左からと、どちらからが当たる確率が高いのでしょうか。
パッと見た感じ、走らせる距離も短く、狙っている時もすべての球が視界に入るので、小箱を狙いたくなります。
(図で見るより、実際にテーブルに球を配置した方がそう感じるかもしれません)

しかし、一人一人撞いてみましたが、右からの小箱は、面白いように当たりません。
実際に撞いてみると、ちょっとした撞点やスピードの違いによって、びっくりするほど大幅に手球の行き先が違ったりします。

というわけで、この配置の場合、当たる確率の高い取り方は、左から回す箱球でした。
左から取る方が、手球が自然な動きをして、少しの厚みや撞点の違いの影響が少ないのでした。 

ちなみにちなみに、どうしても右から回して当てたい場合。
先球に比較的厚めに、先球から1クッション目にかけて押しの動きを出して(ちょうど図に書いてあるような軌道で)取ろうとする方、多いと思うのですが、(わたしもその口でした)それは間違い・・・!だそうです!ガーン
右からの小箱で取る場合には、薄く、よくヒネって、ゆっくり届くくらいのスピードで撞く、のが正解だそうです。
ですが、正解を聞いて、「そうか!」と思って撞いてみても、ちっとも当たりません。
これは難しい小箱なのだな、と、身をもって実感しました。

みなさんもぜひ撞いてみてください。
もしかしたら箱球の感覚の良い人でしたら、上図のような難しい小箱もストレスなく撞けるのかもしれません。
 
そして、来月もBクラスの課題は箱球が続きます。
キャロムセミナーは、AクラスもBクラスも初めての参加の方は無料です。
箱球が得意な方も、そうでない方も、ものの試しに一度セミナーに来て課題を体験してみてください

次回のセミナーは、9月27日(土)です 


締め切りは9月25日(木)、まだまだ参加者募集中です!
参加申し込みはこちら→carom-seminar@hotmail.co.jp 

みなさまの参加お待ちしています!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

トラックバック

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

テンプレート