FC2ブログ
2014/06/18

6月7日のおさらい

みなさまこんばんは
日中は日差しが強く暑いですね
球屋さんにいると、どうしても冷房に当たりすぎてしまいがちですが、健康のためにも、体が冷えすぎないように注意したいものですね。

では、先週行われたセミナーのAクラスの授業から、キスについてのおさらいです。

Aクラス0607宿題1  

実はAクラスには前々回、宿題が3つも出されていました。
そのうちの一つが上図の配置。
先球を的球にキスさせずに得点しようという課題です。

この配置で、先球が的球を蹴るキスをかわす厚みはといえば、先球を薄く短クッションに入れる、厚く長クッションに入れる、の二通りが思い浮かぶと思います。

厚くかわす場合は、先球は的球の右側の長クッションに入ります。
厚く当たっているので、先球はけっこうな勢いで走ります。
的球をかわした後、先球は長クッション-短クッション-長クッションと3クッションしてから、なんと手球が走るコースに向かってきて、手球と先球のキスの可能性があります。

では、薄くかわす場合はどうでしょうか。
先球に薄く当てるので、的球へのコースに乗せるためには、下の撞点を撞く必要があります。
強く早く撞くのではなく、ゆっくり撞いて、しっかりと引きのカーブを出して走らせます。
この場合、先球はそれほどは走らず、右側の短クッションに入った後、ゆるゆると走り、左上のコーナー付近に止まります。 

ということで、この配置では薄めにキスをかわすのがオススメです!ということでした!
あ!薄くかわして得点した場合は、次の配置が良くなりやすいというオマケつきです
みなさんも試してみてくださいね~

次回のセミナーは、7月12日(土)です (詳細は追って告知致します)
みなさまの参加お待ちしています!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

トラックバック

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

テンプレート