FC2ブログ
2012/12/21

●続・第6回Cクラスのおさらい…難球へのアプローチ●

前回の続きです。

次の課題はこれ、
20121208_C-02
こんな感じの配置もよく来ますよね~
これはきっと空クッションだと思うなあ~
とはいうものの、空クッションにもいろいろあり、3クッションで取るのか、二重回しで取るのか、当て方も、①の球から当てるのか、②の球から当てるのか…
そのあたりは好みでしょうか。

また、東内、福本両プロからは、その他の取り方として、①の球から球クッション二重回しというアイデアをいただきました。

実際に撞いてみてくださったのですが、ちょっと右下を撞いて、きれいに球クッションして見事に当ててくださいました!
間近で見ていましたが、遠い球なのにしっかり下回転が届いていて、とってもきれいな走りでした!
東内プロから、下回転がほどけないようにしっかり撞き出すのがコツ、と聞き、わたしも同じように撞いてみたけれど、球クッションにもならないし、下回転はすぐにほどけるし、びっくりするほどぜんぜん形にならない……ガックリ

そんなショックも癒えぬ間に、次はこれ、
20121208_C-04

こういう配置もよく来ますよね~
たいてい当たらないんですョ…しみじみ

これはどう取りましょう…
①の球から切り返し、①の球から表の二重回し…受講生のみなさんでいくつか取り方を考えましたが、どれもなんだか厳しい感じ…

ここでプロの意見を伺ってみました。

東内、福本両プロからは、空クッションでの取り方を2パターン教わりました。
ひとつは①から当てるアンブレラ、もうひとつは①から当てるヒッカケです。
どちらも、2クッション目の見当をつけるのがポイントだそうです。

鈴木プロいわく、空クッションのラインで考えることができ、力もいらないということで、この配置の場合は、当てていくよりも、アンブレラやヒッカケがおススメ、とのことでした!

実際の課題はまだまだあるのですが、以上です。
あ、あとオマケでこれ、
20121208_C-03
こんな配置来たことないです先生…

この配置については、東内、福本両プロからリボイスで取るというアイデアをいただきました!
そして、鈴木プロは、バタバタで取るとのことでした…。

えー!?
バタバタ? ほんとにあるの?
と、みんな半信半疑でしたが…
これも、東内プロ、福本プロがみごとに当てて見せてくださいました!拍手喝采

とにかくこの日のCクラスは、東内プロと福本プロの素晴らしいストロークにホレボレしっぱなしでした!
そして、世界選手権で表彰台に立つ者の実力の高さ、技術力の確かさをビシビシ感じました!

東内プロ、福本プロ、そして、A・Bクラスにゲスト参加していただいた林プロ、どうもありがとうございました!


次回のキャロムセミナーは1月26日(土)12時開始です!!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

トラックバック

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

テンプレート